IMG_0601

今年は、本当にもういろいろでよく思い出せないので、この過去ブログをひも解いて思い出してみよう。

  • 1/13 to be continued 十三夜の初回だ。月一回でも時間を合わせるのは大変だけど、欠けずにやれたのはよかった。次回からお引っ越ししますよ。
  •  

  • 1/19 2013 first take 赤く咲いてレコーディングやってた。これ、USTでだだ漏れにしてやったんだっけ。平日昼なんてだれも見ないでしょ、と思ったら風邪ひいた怪人さんがみてくれてたんだよねw 今年のライブでひょっとしたら一番顔を出した曲かな。
  •  

  • 2/5 climbing higher mountain than ever before レコーディング日。ここでやっていたのはTransitoryだ。悩んでるねぇ、いまや何にそんな悩んでたのか全部忘れてますがw 結果、月宵的に2013を代表する曲となった、大正解よかった。
  •  

  • 3/23 Shooting Photographic RED用に撮影したんだな。遠藤さんとはこないだのクリスマスパーティーでも乾杯したよ。
  •  

  • 4/6 1st MUGEN show これがもう信じられないくらい太古の昔に感じる、1回目のワンマンMUGENさん。感覚的には数年前だもの。半年ちょいまえはまだこれだったんだと思うととてもとても感慨深いです。
  •  

  • 4/20 TSUKIYOI on BAR GARIGARI バーガリガリ、凄い名前だ。Aprylとの出会いがこれ。他にもSabrinaとか祥子ちゃんとか、後のライブにつながっていく人たち。ここでは初めて外人さんの反応を生で受けれたんだよね。
  •  

  • 6/12 Asia Fever エイジア。間違いなく今年の前半戦のピーク。でもまだピアノ使ってないオレ。荒削りながらも、やれることを最大にやった日。
  •  

  • 8/6 Pink Rabbit ここでレコーディングしてるのはMisty Christie。二人とも全く悩まずに作ったよ、それ故Transitoryとは対極にあるといえる。POPとはそういうものか。
  •  

  • 9/11 Took photos for the next Album 今年2回目のスタジオ撮影。メイクさんも入ってもらって、仕上がりは勿論、ホントに楽しい撮影でした。
  •  

  • 9/15 YOYOGI DAY with Typhoon ベトナムフェス。初めての野外は完全雨天。というか豪雨でいろいろ持ち越し。どっかでリベンジしてやる!
  •  

  • 10/5 ‘Akaku Saite’ on Electronic Sound Magazine このElectronic Sound Magazine掲載も今年のエピック。自分たちの音を見ず知らずの海外の人が取り上げてくれたのが最高!
  •  

  • 10/19 Colors and smiles in NAGOYA 名古屋から戻ってこれすぐ書いたんだ。初めての遠征が名古屋。とても行きたかった場所で、演奏できたことが逆に儚い記憶として残ってる。来年また行きたいね。
  •  

  • 11/15 Hakata – Nakasu Night そしてこれが先月というのも、やっぱ感覚がヘン。それだけ色々進んでいるということか。
  •  

  • 12/7 Aid For Japan Fundraiser with JIN Radio この渋谷のパブがある意味、今年の集大成なのかもしれない。kouの喉の調子も悪い上、リハどころか音出しの時間もなく、それでもしっかりと演奏して評価してもらえたのは、今年一年ライブを大小やったからにほかならず。

ミュージシャンのブログにはリハの様子がよく顔を出すのもそうだけど、実際にはこの何十倍もの大小いろんな出来事があって、日々その積み重ねが次のステージや、新しい曲の一部分になっていくんだな。そう思うと、月宵の時事をもっと細かくお伝えしたいなぁと、そういう想いもあります。

 
去年は新しい命を頂いたと書いてますが、今年は持続する身体ができた感じ。
来年は理想のボディーを手に入れられるか!?
 

今年も一年お世話になりました 来年の月宵は勝負です

勝負するためのエネルギーを みなさまのお声を お力を是非!

2013 ありがとう!

TSUKIYOI kou tetsu

 

16

One thought on “Looking back 2013

  1. Pingback: ALWAYS believe that SOMETHING WONDERFUL is about to happen!! | TETSUZINE

Comments are closed.