この数日のアクセスが、英語圏>日本語圏 なのを見て、ちょっとびびったTetsuです こんばんわ。

 

で、日本語で書くけどね。

 

 今から一年前くらい、そうあれは代々木の小さな野外ステージを務めていた頃、月宵にとって初めてづくしで、なにもかもとっても楽しくて、何の根拠も無いのに未来を感じていた。そうあれは確かに一年前

 

それからひたすら純粋に音楽を作っていた …わけでは決して無くて、登ったり下ったり、自分たちなりの道を作ろうと悩んでもがいて。そうして迎えた2013年早夏。

 

自分たちの音楽を通して形作られる輪が、少しずつ見え隠れする様になりました。

 

同じ夢をみるのなら、沢山の人でみたほうがその楽しさは何倍にもなって、そして実現までの道のりも、その手段もはっきり見えてくる。そう思える様な出会いや、言葉や力添え。一年前には全く見えていなかったものがいつの間にか気づかないうちに側にいてくれたり。

 

この感謝をしっかり形としてお返しができる所に行くこと。そのために、もっと輪を強く大きく。そのための音をいま此処で作ること。

 

いよいよ、来週のclub asia。降って湧いたこの機会を有り難く頂戴して、どれだけのフィードバックを返すことが出来るのか。そして今日また最高のタレントに囲まれたこの数時間が、ビジョンをまた大きくしてくれることに感謝。

photo by Hiroki Hasegawa

一年経った月宵は、そこがまたスタートであることをしっかり教えてくれる人たちに囲まれて、同時に最高の時間を過ごすことが出来ています。

 

そして、これを見てくれているあなたとも、その時間を共にできますことを。

 

ありがとう、これからもよろしく!!

 

7