2013年初頭。

 

月宵の年間スケジュールを作ってみて「このくらいの頻度でライブやりたいね」

 

と言ってはみたものの、 どこでやったらいいのやら、どんなブッキングがいいのやら。

 

初めてバンドをやるビギナーの様にまるで見えてなくてね。

 

そこから一回一回、全く別の場所でステージをやる度に、少しずつ自分たちのスタイルを作ってきたこの半年。

 

そして、昨日のclub asia。 渋谷のクラブとしてあまりに有名なあの場所に、こんなに早く立てる機会が訪れようとは!

 

この機会を次のステップにつなげたいという想いを共有してくれる仲間のおかげで、二人だけではないでっかいパワーを頂けた

 

この経験は月宵にとって起爆剤のような、一つ着火しちゃったような

 

そんな一夜でございました。

 

初めての人にも、毎度見てもらえてる人にも「いま」の月宵の熱を感じてもらえたかな。

 


photo by Tatsuya Okuda

 

もっとパワーアップしたいと、その熱をもっと共有する場にしたいと。

 

うん。

 

6

One thought on “Asia Fever

  1. Pingback: Looking back 2013 - 月宵/ TSUKIYOI

Comments are closed.